税理士を紹介してもらう

水子と聞いてどんなイメージを思う浮かべますか?

皆さんは「水子」、「水子供養」と聞いてどんなイメージを浮かべるでしょうか?
ご相談ください。愛知 水子供養のことならこちら。
私には、子供のころや学生の時の夏の旅行やキャンプなどでする、肝試しなどの一番の恐怖ポイントだったせいでなんとなく恐いようなイメージがありました。
詳細は⇒愛知 永代供養ココから確認。
よく怪談話でも「水子の祟り(たたり)」など、頻出するキーワードであるからかもしれません。
ご存じのとおり、水子は亡くなってしまった胎児のことです。もともとは夭折した乳児なども指していたようですが、戦後の日本で人工妊娠中絶が爆発的に増加したことを受け、今では、そちらの意味が定着したようです。
お探しの情報は岐阜 水子供養←こちら。
調べてみると、「水子の祟り」として忌恐ろしい対象にされているのは、人工妊娠中絶を行った女性の罪の意識につけこんで精神的に追い詰めて入信させたりする霊感商法が流行ったためのようです。良く考えてみたら確かにそうなのですが、本来の仏教にはそういった教えはもちろんなく、水子とは純粋無垢な清らかな精霊なのだそうです。
参考にするなら愛知 納骨をクリック。
私の親戚は死産してしまった子供がおり、きちんとお布施やお塔婆料を払い、お坊さんに年に一度供養していただいているそうです。
ネットで検索!愛知 送骨はココ。