税理士を紹介してもらう

後厄の娘、厄除けしました

後厄の娘がいます。緊急を要する場合は厄年へ来てください。

 

 

娘が厄年に入ってからも、私にはこの様な知識がなかったので、自分の娘が厄年と言う事に気づいていませんでした。

 

娘は、小さな頃から体も弱く、ひどいアレルギー体質でもありました。不明確な点がありましたら厄除けを御利用下さい。

 

 

それでも、中学生になると、中学の3年間は小さな風邪やアレルギーの症状はありましたが、小学生の頃に比べると

 

体力もついたのかなというふうに感じていたものです。どうすればいいかわからない場合は厄払いへお電話下さい。

 

 

それが一転、高校生になると小さな頃のように高熱も出しますし、アレルギーの症状も学校へ行けなくなるくらいに

 

ひどくなったんです。

 

高校生になり、体も大きくなったのに、いったいどうしたものかと思っていました。

 

そんな時に、遠くに住んでいるおばあちゃんに、そういえば何々ちゃん今厄年だよねと言われました。

 

そうなのかと思い、ネット等で調べたらなんと、本厄と言う年だったんです。

 

その年は、厄年の本人の体調が悪い年でした。

 

後厄の年は、私を含め厄年本人の妹までもが、あまり調子の良い年ではありませんでした。

 

娘が厄年と言う事をしって、もちろん厄除けには行きました。

 

やはり、何もしないよりは断然いいと考えたからなんです。お早目に厄除けの大阪へメールをください。

 

 

上記のように、後厄時には厄年である本人よりも、周りの私たちの体調も良くありませんでしたが

 

これは、たまたまかもしれませんが、とりあえず厄除けに行っておいて正解だったかなと気持ちの中では思っています。

 

体調は、皆悪かったですが、大きな病気をする事もなく、誰かが入院する様な事もなくこれだけで済んでよかったと

 

思っています。

 

とりあえず、気持ちの上でも、厄除けをしたから安心と言う所はありました。
気づかれた場合は厄除け 兵庫をお使い下さい。

 

何にしてもそうですが、日本では厄除けと言うのは、どこか風習とでも言いましょうか、そのような事があると思うので

 

私が思ったことは、やらないよりは、不確かではありますが、厄除けが必要な時には行った方が気持ち的にも安心すると

 

感じています。